緑園テニスクラブ 会則


第1条 「名称」

このクラブは、緑園テニスクラブといい、略称をRTCと称す。

第2条 「目的」

テニスを通じ、会員相互の親睦を深めること、および、地域住民の交流に貢献することを目的とする。

第3条 「会員の資格」

(1)テニスを愛好しクラブの目的に賛同して参加する、横浜市泉区緑園に在住する者で構成する。

(2)会員は会則を守り、会の活動に積極的に参加協力するものとする。

(3)会員は、満15歳以上とし、未成年の場合は、保護者の「同意書」を提出する。

(4)会員は、遊水池コート会員及びフェリスコート会員のいずれか又は両方に所属することができる。

第4条 「自己責任」

会員は自己責任をもって活動し、クラブ活動中の病気・怪我等に関して、当クラブは一切責任を負わないものとする。

第5条 「運営組織」

() 1月より12月までを年度とし、年次定期総会を新年と年末に開催する。

   また、第10条の手続きにより臨時総会を開くことが出来る。

() 第11条に定める役員を置き役員会を構成する。

役員会は、クラブの活動に必要な事柄を協議決定し、会の運営に当たる。

その他、総会付議事項の決定、外部団体との連絡折衝などを行う。

() 役員とは別に班体制をとり、班長を設ける。班長及び班員は、役員の指示に従い、会の活動に協力する。

第6条 「会費」

第14条に定める入会金(返還しない)、遊水池会費、フェリス会費、遊水池・フェリス共通会費とする。

第7条 「会費の支出」

会費は会の活動運営に必要な事項(コート代、ボール代など)に支出する。

会計がこれを管理し、会計監査を受けた後、年次定期総会で収支を報告し、出席会員の承認を受ける。なお、会計監査は原則として前年度会長がこれに当たる。

第8条 「入会・退会」

() 入会・退会の希望者は、いずれの場合においても各届書を会の役員に提出することとする。

() 会の方針に極めて非協力的で、その組織運営活動を著しく阻害する会員は、総会決定により退会

させることがある。

第9条 「活動方法」

() 活動日は、土曜日、日曜日、祝祭日とする。

() 活動場所は、相鉄グランドテニスコート、フェリス女学院大学テニスコートとする。

第10条「総会」

() 総会付議事項は会則事項、活動報告、役員の選出、会計報告などとする。

() 臨時総会は、会員の1/3の要求、または役員会の発議により開催出来る。

() 総会および臨時総会の定足数を、委任状を含み会員総数の1/2とし、その決定は出席者の2/3の賛成を必要とする。

() 役員は立候補者並びに前役員の推薦する者を立候補者とし、総会において決定承認する。

() 会則の改正は総会において行い、出席者の2/3以上の議決を要する。

第11条「役員」

      役員の構成は原則以下の通りとする。その年度の運営方針で変更は可能とする。

   会長:1名  副会長:1名又は名  会計:  

*役員の選出方法は細則による。

第12条「役員および当番班長/会計監査の任務」

() 会長は、クラブを代表し、会の統轄任務を遂行する。

() 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時はその任務を代行する。

() 会計は、会計業務を行う。

() 当番班長及び当番班員は、練習や試合などの活動が円滑に進行するよう努める。

() 会計監査は、会計による収支報告を監査する。

第13条「役員の任期」

() 任期は1月1日より12月末日の1年間とする。

() 任期満了後は、2年間は再選しない。

() 欠員補充された役員の任期は、前任者の残存期間とする。

第14条「会計」

() このクラブの運営経費は、次の収入をもって充てる。

@ 会費

    入会金      ,000円

    ・遊水池会費  年会費、ビジター料は総会で提案し、出席会員の承認を受ける。

(退会届が提出された翌月以降の徴収会費を返還する。)

    ・フェリス会費  年会費、ビジター料は総会で提案し、出席会員の承認を受ける。

(退会届が提出された翌月以降の徴収会費を返還する。)

    ・遊水池・フェリス共通会費  年会費は総会で提案し、出席会員の承認を受ける。

(退会届が提出された翌月以降の徴収会費を変換する。)  

A 寄付金

 () 集金方法

@ 入会金、会費、その他特別は、役員が集金する

A 遊水池会費、フェリス会費、遊水池・フェリス共通会費は、2月までに1年分を徴収する。

第15条「永年表彰」                                                                 

表彰は、10年表彰と20年表彰とし、入会した年に、10年・20年を足した年の新年会で実施する。   

第16条「特別会員」

() クラブの発展に対して特別顕著に貢献した会員は、総会の承認を経て特別会員とする。

() 特別会員は、クラブ活動に参加でき遊水池会費は発生しない。

第17条「発効と実施」

この会則は2014年12月7日付にて改定発効、実施する。

                                                          以上