緑えんネット | RCAコーナー |rsc RSCHP |

第2回 RSC 総会
 スポーツ・文化活動にを通して、地域の健康づくり

報告を行う山川昌一事務局長  
報告を行う山川昌一事務局長  
 緑園スポーツ・文化クラブ(RSC)の第2回総会が、5月19日(日)午後、緑園地域交流センターで開かれた。

 RSCは、幼児から高齢者までを対象に、スポーツ・文化教室、イベントを開催し、日常的にスポーツ・文化活動に気軽に参加出来る環境を作り、豊かな地域社会を作るとともに、地域の活性化を図ることを目標に、緑園地区の総合型スポーツクラブとしてに設立された。

 平成24年度では、地域における健康づくりとして、緑園東小学校、緑園西小学校、緑園中学校予定地、緑園東公園を利用し、各種スポーツ教室を開催してきた。ヨガ、健康体操、ボール体験、サッカー体験、ミニバス体験、空手体験等の教室や体力測定事業、緑園東小学校・西小学校の一斉清掃を行った。
 利用団体としての自主クラブは、野球、サッカー、剣道、空手、拳法、バレー、バスケット、テニス、バトミントン、太鼓、体操などのスポーツクラブのほか、太鼓演奏団体など17団体となっている。

 スポーツ事業関連以外では、市民図書事業として、緑園東小図書室で本の貸し出し管理を行った。
  総会の会場で
  総会の会場で

 平成25年度においては、スポーツ関係などを中心とした地域貢献事業として、昨年からの各種スポーツ・健康教室のほか、緑園マラソン大会、ウォーキング講習、野外活動や小学校での読み聞かせ、青少年・高齢者居場所づくり事業への協賛も考えられている。今期すでに実施した元オリンピック選手の森長正樹氏による走り方教室が大好評であったことも報告されていた。

 今後の検討事項として、のNPO化、東公園利用の有料化、ボランティアやスポーツ団体の横のつながりが乏しいといった課題に取り組んでいく、としていた。

 その他話し合いとして、施設提供者としての学校サイドからみた意見、利用各団体の利用に当ってのルールの徹底、逆に要望などが出されていた。